2008年09月10日

来月、

グアムへ〜るんるん

グアムと言えども海外exclamation
私もダンナも海外は久々。息子Kはもちろん初。
飛行機でグズッたらあせあせ(飛び散る汗)なんて心配もあるけど、
成せば成る精神でexclamation

きっと寝てくれるハズかわいい

で、Kのパスポート申請に必要なものを調べてみた。

乳児でも通常通り戸籍謄本等はいるけど、
母子手帳を見せる場合もあるらしい…。

そして、Kのことばっかり考えてたけど、
私も氏名変更しなきゃー!ということに気づいたダッシュ(走り出すさま)
良かった、気づいてたらーっ(汗)

今日も気持ちいいお天気晴れ
まずは書類を貰いに行って来ようかな。
posted by りょくちゃ天気 at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

うっかりにも程がある…。

一昨日の休日、同僚と「牛久大仏」を見に行った。
数年前からずっと見たいと思っていた巨大な大仏。
想像の中ではもう、相当大きくなっている。
この期待が裏切られないといいけど…。

で、少し前に牛久までの行き方を調べていたし、
バスの時刻表ももらっていた。

そして今回は、うろ覚えのまま出かけてしまったのだ…。


同僚と浜松町に朝9時半に集合。
バスに乗り込む直前に、
「あれ?本当にこのバスでいいのかな?」
という思いがよぎる。

バスの最終目的地は南房総。
私たちは4つ目の「上総(かずさ)牛久」で
降り、そこからまた別のバスに乗り継ぐ予定。
うーん、ちょっと方角が違うような…。

でも、その思いを振り払って、
きっと北上するバスに乗り継ぐから着くハズ、
と思い込もうとして(やはり、これがいけなかった)
乗り込んでしまた。

晴天で雲一つないお天気。
順調にアクアラインも越え、バスは千葉県に入る。

そして着いた「上総牛久」のバス停。
そこは国道409号で、ロードサイドの大型店が
ままある賑やかな道。でも、乗り継げるような
バスが来る感じじゃない…。
唯一の救いはすぐそばに線路(単線だけど)が
あるくらいか…。

まだ不安を抱えたまま取り合えず地図を見ようと
コンビニに行く。

ここで遂に(やはり)発覚!!!
そう、「牛久違い」だった!!!
私たちが着いたのは千葉県の牛久。
目指していたはずなのは茨城県の牛久。

……。

なんでこんな勘違いをしてバスに乗ったのか
未だにわからない。相当ヘコんだ…。

さて、どうしたものか。
とりあえず飴を一袋買いつつ、
コンビニの店員さんに
一番近い駅を聞いてみた。
ものすごく怪訝そうな顔で、
「すぐそこですが…」と言われてしまった。
ほんとに歩いて2分くらいのところに
あった。

駅に着くとちょうど電車が到着。
千葉駅までの切符を買って(券売機など
無い駅。窓口で駅員さんから買った)、
発車ベルぎりぎりで乗ることが出来た。

乗ってからわかったが、その電車は「小湊鉄道」。
風情たっぷりの電車だった。
暑いくらいの気候だったので
乗客は皆、窓を開け放していて
風が心地良い。

って、いや、そんな気分に浸っている場合じゃない。
これからどうするんだ!?

この時点でお昼の12時くらい。

私はもう、「今日のところは牛久大仏は諦めて、
また出直さない?」と提案したが、
同僚は携帯で茨城の牛久までの経路を調べて
まだ全然イケる時間だから、と言う。
これで行けば茨城の牛久には午後の2時には
着くらしい(そう、都内から普通に電車で
行けばほんと近かったのだ…)。

大仏は5時まで拝観できるとのことなので
時間も結構余裕があるなぁ。うんうん、
行けそうだね!ということで茨城の牛久まで
行くことに!!

申し訳ない気持ちだったが、優しい同僚は、
「こんなことがなかったら上総牛久になんて
来れなかっただろうし」とか、
「こんな遠回りして行かせるなんて、
大仏の有り難味を増そうという作戦かな?」
とか、この通常有り得ないハプニングも
楽しんでくれた模様。

これで、大仏が大したことなかったら…、
本当に申し訳ないな、という不安が新たに生まれたが
行くしかないっ。

上総牛久→五井→千葉→船橋→柏→牛久という、
結構な乗り換え回数の後、私たちは無事に
本来の目的地である茨城の牛久に到着できた。
この時点で結構感動。そりゃそうだ、
朝浜松町を出てから4時間は優に過ぎている。

この間食べたのは浜松町→上総牛久のバスの中の
それぞれの朝食のみ。

牛久大仏行きのバスを待つ間に昼食を食べたかったが
バスが案外早く来ることがわかり、コーヒー一杯だけ
にして牛久大仏へ向かった。

休日は直行バスということで、ノンストップで20分
くらいか、500円だった。乗客は私たちを含め6人。

徐々に大仏に近づくにつれ、キョロキョロとその
姿を探す私たち。森の向こうに一瞬だけ頭が見えた
ときはまた感動。そしてその後はまたしばらく
そのお姿が見えない…。

ああ、なかなか会えない大仏様…。

そして突然視界が開けた!!

見えた!!

大仏様の肩と背中あたりが!!!

で、で、でかっっ!!

そう、期待を裏切られるどころではなかった。
期待以上の大きさだったのだ。
もう、そこから先は、バスを降りてからも
感動しっぱなしの私たち。

拝観はもちろん、胎内まで入れる800円のほうにした。

写真を何枚も撮りながら、途中の鐘を鳴らしたり、
お線香立てたり、鯉にエサをやったりしながら、
どんどん大仏様に近づく。

ん!?近すぎると首が痛い。そのくらいの高さ。

なんでも台座を入れると120メートル!
当然ギネスに載っている。
いやー、見に来て良かった!!!

胎内は、80メートルのところまで上れるように
なっていて、簡単な写経もできるようになっている。
勿論した。堪能。いやー、満喫。

6時くらいにまた牛久に戻り、牛久シャトーを
見学(時間が遅くてほとんどの施設がもう閉まっていたが)。
そして牛久駅そばの「味芳(みよし)」という
お店で軽くいっぱい。本日やっと2食目。
お刺身やメヒカリの唐揚げがおいしかった。

そう、「軽く」にしたのにはワケがあって、
夜の9時から中目黒のお気に入りのもつ鍋屋さんの
予約を取っていたから。

人気のお店でいつも予約が取りづらいが、
前日に電話をしたら取れてしまったので、
同僚ともども楽しみにしていた。

帰りは中目黒まで1時間半。そう、牛久はやっぱり
近かった。

もつは勿論とてもおいしく、いっぱい食べて
疲労も吹き飛んだ。

夜11時に同僚と解散。
とても長い一日だった。
いや、同僚のほうがどこへ連れて行かれるか
不安だったろうし疲れただろう。

でも、もつ鍋も含めて楽しんでくれたので良かった。

この連休、また、近場でどこか行きたいものだ。






posted by りょくちゃ天気 at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

来週末は京都。

まだ、なんにもプランは決まっていないが。

今回は宿坊に2泊の予定。

梅雨に入ってしまうだろうけど
久々の京都、楽しみ。

前回はKY子と2人でやはり宿坊に泊まった。
レトロな建物や、精進料理が非日常を
感じさせてくれていい思い出ができた。

今回も、きっとそういう旅になるだろう。

posted by りょくちゃ天気 at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

ミクロネシア・ポナペ島。

(ミクロネシアで知り合いになったともさんのブログに
トラックバックするための記事)

友達が住んでいて2回訪れた島。
グアムから飛行機を乗り継ぎ1時間のところにある。

ダイビング目的で訪れる日本人がいるみたいだけど
まだまだマイナーと言える島。
「ポナペ(ポンペイ)島に行ってきた」と言って、
「あー、あそこね〜」ってわかる人はそういない。

日本と違って、質素な質素な質素なところだけど
また訪れたくなるところ。

続きはまた。
posted by りょくちゃ天気 at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月26日

箱根へ1泊I。

湯本駅着後。駅周辺をぶらぶらしてみることに。前日、券を買った新型ロマンスカーの
時間までは1時間半以上ある。良かった、これならお昼食べてお土産買って、って
いう時間が過ごせそ〜。

すぐに目に入った湯葉屋さん(?)に入る。少し並んでいるが人気店なのか。
店内は和風モダンみたいな感じ。待っている間に冷たいお茶を貰えた。
こういうサービスってウレシイ。

私は湯葉あんかけうどんを。あんかけなだけに、なかなか冷めない。

でも頑張ってサクッと食べお土産選びに。周りにはお土産屋さんが沢山あって
にぎやかだ。人もすごく多い。箱根ってやっぱりすごいんだー、っと認識。
まず一番手近なお土産さんに入ってみる。湯葉屋さんの隣くらいのお店。
ここでは、前日に買えなかった寄木細工が無いかと物色。

うーん、やっぱり無い。いつかあのお店に行くことがあれば次こそは
絶対買おう。

その後フラフラとかまぼこ屋さんへ吸い込まれ、試食し、買う。
このメーカーのかまぼこはつい、いつも買ってしまう。老舗なんだけど、
かわいい形の商品もあったりで飽きない。もちろんてい
その後、おまんじゅうやさんへ。ここでも買う。お土産ってついつい、
買いすぎてしまう。まあ、それが旅行の楽しみでもあるけど。

久しぶりにソフトクリームを食べたりなんかして、なんだかもう、
ロマンスカーの時間。あっとゆー間の2日間だったなー。
ここでアンジャッシュの渡部発見。彼女と来ていた。
東京から近いから芸能人も箱根に来るものなのか?!

新型だけあって、ロマンスカーは滑るように発車。
そこからはウトウトしたりしている内に新宿へ。
筋肉痛はつらいが、心地よい疲労感というか充実の1泊旅行だった。

終わり。










posted by りょくちゃ天気 at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月21日

箱根へ1泊H。

バスで桃源台駅に向かう。このバスも結構飛ばす。
途中、MTBをしに芦ノ湖に来た時に、車で通った道を通った。
ついこの間のことなのに、懐かしく思い出す。
仙石原のススキも聞いていたとおり、とてもきれい。

桃源台に着くとすぐにロープウェイ乗り場へ。念の為、酔い止め用に
自販機でガムを買った。昔懐かしい、ロッテ・グリーンガム。
数年ぶりに噛んだ。味、変わっていない!
ロープウェイは10人くらい乗れる大きさ。思っていたより
高度がある。芦ノ湖を上から見たのも初めてだった。

途中の駅に止まりつつ大涌谷駅へ到着。すごーく硫黄臭かった。
苦手な臭いだ。来る途中ロープウェイから、ハイキング?というか、
山の頂上まで歩く人の列が見えたけど、大涌谷周辺は道路も
混んでいたし、やっぱり人気の観光スポットなんだ。
でも、残念なことにガスが出てて視界がほとんどない。
これにはビックリ。それとも一年中こういう所なんだろうか!?

温泉卵(カラが黒くなっている)をお土産に買う。ついでに
試食もさせてくれた。おいしい。何とかいう成分のお陰で日持ちが
するらしい。ラーメンやうどんに入れて食べよう!

さて、視界も悪いことだし早々に、早雲山駅に向かうことに。
またまたロープウェイ。どうやら私たちは、主流ではなく逆まわりで
観光しているらしくほぼ並ばずに乗れた。逆方面は長蛇の列。
良かった。この回り方、おススメです。

乗ってしばらくは視界が無いので何だか怖い。視界が晴れてきたと
思ったらもう早雲山到着。温泉卵の試食で食欲に火が着いたというか、
腹ごしらえしてもいい気分に。でも駅周辺はお店も無さげ。AY乃と
話してお昼は湯本でとることに。

今度はケーブルカーで強羅へ向かう。このペースなら順調に湯本で、
お昼食べたりお土産買ったりできる。

強羅ではすぐに登山鉄道に乗り換える。何とか座ることができた。
またスイッチバックしてる、なんて思ってる内に少し眠ってしまい、
気づくともう箱根湯本駅だった。

続く…。


posted by りょくちゃ天気 at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月12日

箱根へ1泊F。

翌日はうす曇りの天気。でも炎天下を動き回るよりは楽かな。
今日も気温は高くなりそうだ。

前の晩にコンビニで買ったものをそれぞれ食べていざ出発。

大涌谷に行く前に箱根湿生花園へ立ち寄るため、バスに乗る。
昨日夜行った宮ノ下などを通過。思ったよりバスが飛ばすせいか、
あっという間に湿生花園の最寄りのバス停に着く。

ちょっと暑いが数分歩く。途中には美術館があったり川があったり、
キレイな感じの甘味処も発見。
「あ〜、くずきり食べたいなぁ」とつぶやいてみるが、
AY乃には聞こえなかったみたい。いや、それとも
特に食べたくなかったのか…。

実は湿生花園にはススキが群生しているのかと思っていた私達。
でも入口の案内板を見るとススキはあまりなさそう。でも、
せっかく立ち寄ったことだし中へ入ることに。入場料800円。

期待度ゼロで入った花園だったが、思いの外良かった!!
沼地だからか、時たま吹く風が涼しくて心地良い。可愛い花も見れたし、
箱根の山々も一望できた。写真を撮るグループや写生している人も見かけた。
また別の季節に是非訪れてみたいと思った。

風は涼しかったが、そこはやはり夏の盛り。園内をひと通り歩き回り、
いささか疲れた私達。

そこで、バス停へ戻りつつさっきの甘味処へ寄ることを提案。
AY乃もあっさりオッケイ。なんだ、食べたくなかったわけではなくて、
さっきは単に聞こえてなかったのか…。

甘味を楽しみに来た道をまた戻ることとなった。

続く。
posted by りょくちゃ天気 at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

箱根へ1泊E。

富士屋ホテルでの夕食。私は海鮮ピラフみたいなものを。
友達のAY乃はカレー。おいしいと言って食べていた。

レストランの雰囲気。
床や照明の感じは格調高い感じだけど、お客さんは普段着の
家族連れが多数だし、入ってみちゃえば結構カジュアル。

店員さんも、フォークや何かを落として結構な音立てちゃったり。
物凄く肩が張るということもなく、何か安心なような
ガッカリなような。

満腹になりホテルへ戻る。バスで山の麓まで行き、
そこからはまた登る。でも1度登って慣れた、というか
涼しくなっていたこともありあっとゆー間にホテル着。
時間は9時過ぎだったかな。

でもやっぱり疲れていたので少しゴロンと横になり
テレビを見て寛ぐ。部屋は天井が高く、外からの騒音も
まったくないので本当に寛げた。AY乃はすぐに寝てしまっていた。

お風呂(温泉)の時間を確認すると、夜中12時までは
入れるとのことなので、11時からお風呂に行くとして
それまではのんびりした。私は不思議と眠くならなかったので
持参の本を読んだりしていた。

11時になりAY乃を起こしいざ、お風呂へ。

お風呂はそんなに広くないけど、いい雰囲気。私たちのほかに
10人くらいがいた。

露天風呂に行くと熱くて入れない。とりあえず足だけ入れていると
7、8才のかわいい子が入っていた。お母さんや妹たちはまだ
浴場の中にいて、一人で露天に来たみたい。
そしてその子はすぐに肩まで浸かり、「あー、気持ちいい」だって。

なんか、おませさんで可愛い。思わず私が「でも、熱くない?」と
聞くと、まるで私のお姉さんのように、

「そうでもないですよ。慣れれば大丈夫ですよ。」

そう、私に言い聞かすように…。

その後、その子のお母さんや妹たちも露天に来て賑やかになった。
ちゃんと妹の世話を焼いたりとてもいいお姉ちゃんぶりだった。

部屋に戻り就寝。
翌日は大涌谷のほうに行く計画。

続く。








posted by りょくちゃ天気 at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月02日

箱根へ1泊D。

富士屋ホテルの敷地内を、見学がてら?ウロウロしながら
レストランへ。一品料理(パスタやカレーなど)で2,000円前後。
うーん、素敵なお値段。でもたまの旅行だし奮発して入ることに。

続く。
posted by りょくちゃ天気 at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月01日

箱根へ1泊C。

ホテルの部屋で路線バスの時間を調べてとりあえず、宮ノ下まで
行ってみることに。やっぱりフリーパスって偉大だ。
バスの本数は結構ある。

さっき歩いてきたときは大変だったけど、バスはあっという間に
宮ノ下まで運んでくれる。

しばらく骨董品屋さんや寄木細工のお店をひやかして歩く。
寄木細工ってあまり今まで間近でちゃんと見たことがなくて
今回初めて手に取ったり、お店の人に「ひとつとして同じものは
無い」という説明聞いたり、その細工の細かさにビックリ。
何か記念に買おうかと考え始めた。

で、気になる寄木細工(箸箱とペントレー)があったが、
クレジットカード不可ということだったので、手持ちのお金があまり
なかった私は買わないで店を後にした。

でも、その後すぐにコンビにでお金を下ろした。そしてやっぱりあの
寄木細工が気になりだす。友達にも頼んで先ほどのお店に戻ることに。
この時点で既に「買うしかない!」みたいな気分になっていた私。

そしてその途中ですれ違う女性が。私に軽く会釈してくれる。
はて、誰だったっけ?会ったことがあるのは確かだけど、
箱根に知り合いはいないし…。

不思議に思いつつ、さっきのお店に到着すると…。

閉まっちゃってるぅ〜!

そうか、さっきすれ違った人はこのお店の店員さんだーーー!

泣く泣く諦めることに。まあ、箱根近いしまた来れるし!
って完全に負け惜しみなんだけど…。

まあ、気を取り直して夜御飯をどうするか?

ふと見上げるとそこには格調高げに富士屋ホテルが
そびえている!!

続く…。

posted by りょくちゃ天気 at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月31日

箱根へ1泊B。

昨日の続き。
その相席になった人達は、コンビのロレックスをはめた60代の
おじさんと20代か30代前半と思しき女性のカップル?
う〜ん、微妙な2人…。

女の子はおじさんを苗字で呼んでるし間違いなく夫婦ではない。
おじさんは箱根に詳しいらしく、彼女に色々教えてあげている。

その彼女、まあ、普通の感じの子だと思ったけど、そのお蕎麦屋さんの
店員さんに対する態度がかなり大。彼女の頼んだものが運ばれてきた時、
こっちこっちというように、手のひらを上に向けて、指をちょいちょいって。
す、すごい。見た目では、おじさんのほうがいかにも店員さんにデカイ態度を
取りそうな雰囲気だけど、実は彼女のほうが態度L!

当然おじさんがお会計をして帰って行った二人。いや〜不思議な
カップルだった。

私たちも御飯を終えて、強羅の裏道というか山道を抜けてホテルへ
向かう。これがまたすごい山だった!舗装はされているけど、
降りるだけでも大変な階段がかなり続く。
翌日筋肉痛に泣かされることになるとは思いもよらず…。

交番で道を聞いたりしつつ、暑い中30分くらい歩いたかな、
いや、登った。完全に山だった。でもやっと辿り着いたホテルは超きれい。
チェックインしてしばし寝転び、山を下ったり登ったりした疲れを
癒した。

さて、疲れも少し取れ、どこかへ繰り出すか!!

続く…。
posted by りょくちゃ天気 at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月30日

旅行のノート。

北欧に2度目に行ったとき、現地についてすぐに可愛いノートとノリを
買って、その旅行の間のレシートとか美術館の半券とかをぜーんぶ
貼っていった。時系列で。

毎晩寝る前にそのノートに貼るようにして、毎日続けた。
その日使ったお金を知る上でもすごく役立った。

そして何より、後日すごくいい記念になる。
今でも大事にとってある。そして時たま眺めて北欧を思い出す…。

ああ、また行きたい。

今年はムリそうだから来年かな。
posted by りょくちゃ天気 at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

箱根へ1泊A。

登山電車は結構混んでいる。乗る前からたんまり並ぶ感じ。
それでも座れないし。

ロマンスカーが全席指定でのんびり来れただけに、強羅まで、
立ったまま30分以上も乗るのかと思うと気が滅入る感じというか…。

まあ、登山電車はスイッチバックもあるし、小さい車両なので
みんなが座れるというのはムリなんだろうけど。

結局強羅のひとつ手前で座れてしばしの休憩。

強羅着後の予定としてはお昼ごはんを食べてから
明神平のホテルにチェックインに行こうかと。
お昼は駅そばのお蕎麦屋さんへ。ガイドブックにも載る有名な
ところらしい。ちょっと贅沢に2000円超の御膳を頼む。
うんうん、味はとってもいい!!

そこは混んでるお店で、外で20分程待ってから店内へ。
この時、相席になったのだが、その相席になった人たちが
面白い雰囲気をかもし出している二人だった。

続く…。
posted by りょくちゃ天気 at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

箱根へ1泊@。

週末、箱根に1泊で行ってきた。初・ロマンスカーだった。
車で行くことはあっても電車で行く機会が今までなかったから。

まず新宿で5500円のフリーパスを購入。ロマンスカーに乗るには
特急券(7、800円くらい)が必要だが、それ以外の乗り物、
バスや登山電車、ロープウェイなどなどが3日間全部乗り放題。
かなりお得だ。それに様々な施設で、入場のときに見せれば割引特典が
受けられたりということもあるようだ。

さて、私が箱根のことにどのくらい詳しいのかということだが、
ほご知らない。芦ノ湖があるな、ってくらい。先だって、MTBで
芦ノ湖1周したがその時は往復車利用。しかも全部人にお任せだったので
地理もまったく覚えず。それが今回は2日間の予定を決めるのに嫌でも
地図やガイドブックを見ることに。最初はまったくわからなかったが
段々覚えてくる。と、また楽しい。

今回はそんな地名も散りばめつつ今回の箱根1泊を記録しておこう。

朝10時半過ぎに友達と落ち合う。3月くらいから1日に数本新型車両が
走っているらしい。しかし今回はうまく時間が合わず、帰りに乗れたら
いいねということに。普通の車両は30分に1本くらいあるので
時間見て適当に乗った。2階建て車両の1階の座席。景色を楽しもうと
思っていたけどそんな間もなく箱根湯本駅に到着。

さあ、次は登山電車だ!

続く…。


posted by りょくちゃ天気 at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。